【実際の使用感】ARASカトラリー|フォークや箸の口コミ

*この記事はARASの樹脂製カトラリーを実際に使ってみた使用感と、最安値で購入する方法について書いています。

生涯破損保証付きの「ARAS樹脂製カトラリーシリーズ」ですが、一般的に使用されているステンレス製とどこが違うのかを詳細に比較してみました。

前評判の良かったお皿ももちろんですが、カトラリーは直接ゲストの口に入るものなので、形状を含めかなりナイーブな問題です。

ちなみに京都cainoyaの塩澤シェフはステーキナイフ以外のカトラリーは全てARAS製品に変更しているほど、現代の食にマッチした使い心地だと言えます。

私が実際に使ってみた感想をみなさんの購入判断に役立てて頂けたらと思います。

・口当たりは?手触りは?

・ARASのカトラリーは本当に壊れないの?

・お得に購入する方法は?→最安値はAmazon公式ショップページかARAS公式ページ

この記事を書いた人
  • スプーンの形状にはこだわりたい
  • カトラリーで味が変わる

「ARAS大皿ウェーブ」のレビューも書いています。合わせてお読みくださいね!

料理人歴25年オーナーシェフ17年目です☆

[生涯保証]ARAS大皿ウェーブのレビューとお得な買い方↗️

ARAS樹脂製カトラリーの使用感レビュー

シックでシンプルな造形です

今回購入したカトラリーは4種類です。

  • フォーク
  • ナイフ
  • スプーン
  • お箸

今まではステンレス製のものを使っていたので重さや長さ、使用感を比較していきます。

ARAS樹脂製カトラリーは全体的にかなり軽い作りになっていますね。

重さ比較ステンレス製ARASカトラリー
フォーク40.0g13.0g
ナイフ47.5g15.5g
スプーン45.5g15.2g
お箸(ノーブランド樹脂製お箸)15.0g20.7g
重さ比較表

フォーク・ナイフ・スプーンはステンレス製の約1/3とかなり軽量化されています

取り回しが非常に楽でストレスなく食事に集中できるように設計されているのです。

お箸はノーブランドの業務用樹脂製品と比べると少し重く作られていますが、それが絶妙にいい感じの重さなんですよね。

手にした時の触感ですが、いわゆる「プラフォーク」「プラスプーン」のようなチープな感じではなく、安心感のあるデザインは「いざ食事しようという」気持ちを高揚させてくれる製品だと思います。

では一つずつ細部を見ていきましょう。

ARASカトラリー|フォーク

ARASカトラリー
フォーク部が長く作られています

フォークはスリムな形状になっており、全体的にスマートな印象です。

野菜やお肉など、突き刺すように使う場合は針先が鋭くなっているのでとても心地よくスムーズに扱えます。

生涯破損保証付ということもあり、細く鋭い形状ですが強度は申し分ありません。公式HPによると1000回落としても壊れないように設計されています。

多少力を入れると若干しなりますが通常の使用では問題なく、しなるだけで折れたりすることはありません。折れても一生無料交換できるのでもし無茶な使い方をしても安心ですね。

1.5mmのスパゲティも難なく食べられます

幅が狭いことがデメリットと感じる方もいるかもしれませんが、スパゲティでも難なく食べられますし、口に入る幅が狭いので楽に食事を進めることができます。

口に入れても違和感ない大きさ

私たち日本人は欧米人種よりも口のサイズが小さくなっており、ARASフォークのスリムな形状は日本製品ならではの利器と言えます。

ARASのカトラリーシリーズは一般的なステンレス製カトラリーよりも長めにつくられています。樹脂製という軽さのアドバンテージは、長さを伴うことでより使いやすくなります。

ARASカトラリー|ナイフ

ARASカトラリー
軽い力で切れるノコギリ歯

実際に使うまでは「本当にちゃんと切れるのか?」と思っていましたが、そんな不安はすぐになくなりました。

試しに豚肩ロースと鶏胸肉で試してみましたが、使い心地はステンレス製の上をいきますね。非常にスムーズな使用感です。

波刃の形状がよくできているので軽い力で扱うことができるんですね。このナイフの命とも言える波刃の形状はデザイン時にノコギリ歯を参考に切れ味を研究したそうです。

さすがseccaデザインですね〜

特筆すべきは「皿に当たる音が出ない」ことです。これが樹脂製カトラリーの最大の利点です。

ステンレス製カトラリーだとどんなに気をつけていても必ず皿に当たった時に音が出てしまいます。

「カチカチ」という音は食事中に心地よいものではありませんよね。

それにステンレス製だと経年劣化して波刃が潰れてくるのですが、ARAS樹脂製ナイフはそんな心配もありません。

ですがあまりにも硬いもの(食材以外のもの)を切って刃が摩耗した場合は交換の対象にはなりません

ARASカトラリー|スプーン

先端の薄さが特徴です

スプーンはクリーミーなスープや崩れそうな食材を救って使用するので、スプーンの先端の形状がかなり料理の感覚に影響してくるものです。

このARASカトラリーは強度の高い樹脂素材で作られているので、スプーンの触感の肝である「先端の薄さ」「下唇の内側に当たる角度」などが高い精度で設計されていると感じました。

ステンレス製のスプーンの中にはかなりいい感じのものもありますが、この薄さはステンレスでは表現できないでしょう。

口当たり軽やかで口中の感覚を邪魔しません

今回はスプーンを使ったのですが、ほかにも「カレースプーン」と「レンゲ」が違う造形で商品化されています。

用途に合わせて選んでみるといいでしょう。

ARASカトラリー|お箸

ARASカトラリー
ランダムな文様は滑り止めも兼ねたデザインです

わざと少し重量を感じるように作られており、一箸一箸が食べるという行為にゲストの能動性を持たせます。

料理により向き合えるように設計され、機能美も兼ね備えたARASのお箸の持ち手部分には高級感のある「透かしの絵柄」が入っており、ベースカラーは他のカトラリーと同じく5色展開となっています。

ARASカトラリー
5つの角は滑らかに整形されています

5角形という転がりにくい形状・0.1mm単位で調整された最適な直径は、手に持った際に美しい所作ができるように作られています。

なおこのお箸は1膳税込880円というリーズナブルな価格になっており、ARASを初体験するにはもってこいの製品です。

ARASカトラリーを最安値で買う方法

✔️ARASカトラリー|サイト別価格比較

*フォーク・ナイフ・スプーンの3本セットを例にしています

  • ⭕️Amazon公式ショップページ・・・3960円
  • ⭕️ARAS公式ホームページ・・・3960円
  • ❌楽天の各ショップ・・・6646円
  • ❌ディノス・・・4400円
  • 中には低価格設定のショップもありますが、後に高額な送料が追加されますので注意してください

ARAS製食器の購入方法ですが、2021年7月21日現在では公式ホームページかAmazonの公式ARAS販売ページが最安となっています。

楽天には公式ショップページはありません。

楽天市場や、その他のショッピングサイトでも購入できますが、割高設定になっていますのでご注意ください。

昨今のトレンドとしては公式ショッピングサイトが一番お得ですね。(旅行予約などもそうですよね)

飲食店での業務用使用目的の方へ

ARAS公式ホームページでは『For Business』という問い合わせを送るページが用意されています。

ここからサンプルを申し込むことができるので、実際に取り寄せた後にご自分の料理を盛り付けてみることができます。

また大量発注の場合は割引が適用されます

業務用割引詳細
  • 商品どれでも30点以上購入で8掛け
  • 商品どれでも100点以上購入で7掛け

大量に購入する場合はぜひ検討してみてください。

ARASカトラリーをお得に買う方法まとめ

まとめ

ポイントをつけるならAmazonがいいですね。アマプラに入ってるならなおさらです!

ARASの割れない樹脂製食器はエコの観点からも注目されている器です。

取り扱いも楽なのでプレゼントにも喜ばれそうですね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事